田宮流居合 蒲田道場
田宮流居合 蒲田道場 たみやりゅういあい かまたどうじょう




 【居合 基本の基本 心得】
山内 敏昭

■初心者心得

 ゴルフの初心者が遠くにボールを飛ばすことにこだわるように、居合の初心者は刀を強く振り、刃音を大きくすることにこだわる傾向がある。 これは百害あって一利なしと言える。それは最初に身につけなければいけない正しい姿勢、形を身につけることができないからである。 身についた悪い癖を直すことは難しい。はじめから正しい形を身につけるよう悪い癖をつけない稽古に努める。 振りかぶり、切りおろしは一動作である。左手を掛けたらすぐに斬り下ろす。右手をゼロにするつもりで切り下ろして、ようやく左右七三の握りでの切りおろしになる。 振りかぶりはすべて『受け流し』の振りかぶりである。一本目『前』、二本目『後』 の振りかぶりで右拳を顔の左側に出してから頭上に持ってゆく人が多いが、それでは正面からの切りに対応できる形になっていない。正面からの切りに応じられる振りかぶりの形は右拳が正中線を越えてはならない。 制定居合では多少形が崩れていても三段までは昇段できるが四段より先に進むことはできない。 三段以上は闘争の技としての攻めが求められる。 三段までに自分の悪い癖を直すには強く振り、刃音を響すことより正しい形を体に覚え込ますことが何よりも大切なことである。 自分の演武が正しいかどうかは自分で確認することは難しい。ビデをに撮ったものを見ても正しく認識することは難しい。 師、高段者に指摘されたことを素直に受け入れ、どこをどのように修正すれば悪い癖が直るのか考え、実践して正しい形を身につけるのだ。 私の場合『前』の抜き付けの際に前傾する癖があった。強く、早く抜こうとするあまり、右足を大きく踏み出すため前傾しやすくなっていた。歩幅を狭め腰を前に出すように工夫をした。 どんな悪い癖にもそうなってしまう癖が必ずある。癖の原因がわかれば修正する方法は必ずある。
*以上は審査会、講習会、道場での先生方の教えをもとにしております。


■刀の扱い方


・刀をまたがない。投げない。大切に扱うこと。
・
刀を壁などに立てかけはいけない。


・持っている時はコジリを床、地面につけない

・刀の上に物を置かない。

・飲酒時には刀に触れない。
手入れは自分で正座して行うこと。
・手入れ中は話をしない(真剣の場合怪我の元)
・刀身だけでなく鍔も、特に柄側も汗を拭き取り油をする。
・刀をしまう時、下げ緒をキチンと巻く(刀身が不用意に滑り落ちないように)
・鍔などがカチャカチャと音がするのは不可(音は目釘が減って甘くなっている兆候)
・床に置くのは壁ぎわなど邪魔にならない場所とし、大事な刃を壁側にすること

・大人数の集合講習会では模擬刀を用意する。(真剣は危険)場所が狭いところで無用心な真剣稽古は行わないこと

■道場内での注意事項



・腕時計、指輪などの装飾品ははずすこと。

・道場に入る時は礼をし、気持ちを引き締め真剣になること。
・退出時の礼も忘れぬこと。
・稽古に来たら皆に挨拶をしよう。
・準備運動は必ず行うこと。
・上座に向かって演武せぬこと。


・段位が上がったり、経験を多少積んだからといって、稽古時間中に後ろで喋っていないこと
。

■着 装



・服装は端正であること。
・袴は前下がり画正しい着装。
・背中にシワをつくらぬ事。(美しい着装)
・背中心を合わせる事 前ははだけぬ事
・着装が終わってから帯の刀を差す部分を半分に折っておく(鞘引きがしやすい)
・刀礼からの演武の際には刀をスッと差せ(審査の際に練度が見られている)
・帯は腹部の軟らかい処にしめる。腰骨にすると刀を差していると痛くなってしまう
・ヒダの消えた袴は無精で失礼である。(これも審査の対象になる)
・袴の裾が邪魔な時は、しっかり股立ちを取ること(稽古の時のみ)

■サポーター



・道場によっては膝を含め、サポーターは原則、禁止としている。「武道の本旨から外れる」「修行の妨げとなる」。しかし膝サポーターは加齢時の障害防止等の観点から、必着。
・昇段審査、公式行事では見える処のサポーターは厳禁。

・稽古なら正座で足首が痛む場合など見える所のサポーターもOK。また上から足袋を履くなどの工夫も可。但し、痛みがなくなるよう工夫し、慣れたらハズスことを目指すのも稽古である。
正座の出来ない日は、礼法は立礼



■礼法を覚える

・昇段審査での礼法をマスターする。スタンバイから退場までの正しい礼法をマスターする。
・審査のポイントは解説書(全日本剣道連盟居合)に審査上の着眼点が記載されている。

■技を覚える 

・制定12本の形を覚える(全日本剣道連盟居合・解説書)全剣連居合の解説を暗記するくらい読み込む。

■呼吸法をマスターする

・ひとつの技をひと呼吸で抜く。
・刀を抜き出したら吐くだけ。
・吐き方で緩急をつけるようにする。
・切りつけた瞬間は『ハッ』と短く強く吐く。
・ゆっくり『ハーッ』と吐きながら振りかぶり。
・切り下ろしたときは『ハッ』と短く強く吐く。
・技に呼吸を合わせるのではなく呼吸に技を合わせる。
・未熟なうちほど速さに惑わされ、腕力にたよってしまうので注意。
・刀を正しく握り(手の内)刀の刃筋を正しく、大きくゆったりと、そして強く振れるように心がけて習練する。

■初段になったら

・自分の悪いクセを知り改める為に適切な指導を受ける
・独り稽古は大切だが自分の欠点を自分で知ることは難しく、知っても修正できたかどうかは指導者に見てもらわないとわからない自己満足は上達の敵。
・手の内、運刀を意識して錬磨する。

■体幹を鍛える 

・鍛えるための方法を身につける。
・体幹がしっかりしないと体がぐらつく。

■準備運動

・稽古の準備運動は切り下ろし・抜きつけ・抜き打ち。自分なりの基本のルーティンをつくる


テーマをもって稽古をする


・漫然と稽古しても上達しない
 例1制定12本を最初にやってから課題とする技を重点的にやる。
 ※古流の技を抜ける方は古流もひととうりやる。
 例2,技を最初はゆっくり、次は普通に最後に速く抜く
 例3.仮想敵を意識して演武しているか、切る位置、突く位置は正しくきまっているか。

■普段の生活の中で意識すること

 ※例えば着座姿勢からたちあがるとき前傾や後ろに反り返ることなく真っすぐに立つ
 乗り物ではシートにもたれない  左手を使うことを習慣化する(正しい姿勢を普段から)

■居合ひざ 足先着地

・膝にゆるみがないと動作がスムースにいかない。
・前進は腰から 後退は肩から。

■刀のことを知る

 居合をやっていても刀のことを知らない剣士が多い。戦国時代までは実用本位であったし、武士の魂ではなかった。武士の魂になったのは平和な江戸時代になってからである。
例えば刀の歴史、刀の種類 刀の構造 刀の波紋 刃筋、刃並み(刃波)刃線 他

■二段以上

・見取り稽古のポイント
古来より武道の世界では重宝されてきた稽古法である。この稽古、要は「見て学べ」ということなのだが、ポイントがいくつかある。

一、目指す姿を見よ。
見取り稽古は主に師匠や先輩の姿を目で追って行うものである。そうすることで、自分のありたい姿がイメージとして焼きつき、そうなって初めて自分の身体で表現できるということである。
逆にいえば、イメージできない姿を自分の身体で表現しようとしても、それは
無理な話ということである。

二、感覚をイメージせよ。
見取り稽古は、ただ見ているだけでは効果は少ない。大事なことは、その人に自分もなりきって、特に感覚を想像することである。
今、どこに、どのくらいの力がかかっているのか?どこに力を入れて、どこに力を入れていないのか?どういうイメージで引いてきているのか?など。
言葉ではなく、あくまで感覚を感じ取るのである。
これが分かってくると、途端にこの見取り稽古の醍醐味を理解するようになる。

三、自分の身体で再現せよ。
観察によって得たイメージと引く感覚の両方を、今度は自分で再現してみる。
簡単に言えば、真似をするということである。


 田宮流居合 蒲田道場 蒲田 良紀
Web担当 齊藤 力弥